スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識と資質

  • 2015/09/18(金) 00:08:46

 最近知識とは何ぞやと考える
確かに知識量はおおいにこしたことはないのだろうと思う。
でも知識の量と頭の良さとは明らかに別物だと考える。

これからのヌッポンは生き残るにおいて全ての資質が問われる時がきた。
今までの人としての総合力が問われるのだ。
今自分の持ちうる全ての力を出し切って生きていくしかない。
それでも生きられるとは限らない
命とははかないものなのだなーと思ってしまう。

そういう時代の境目に自分たちは生きている。
今は人類が残るのか、残らないのか最期のチャンス
ここで選択を誤ればリセットである。
また一からやり直し。

種族としてはそれでいいのだろうけれど
個人としてはそれを受け入れがたい自分がいる。
地球の一部として本来は生まれたはずなのに
それをすっかり忘れた今のヌッポン人

都市っ子の憧れレベルの話かもしれないけれど
自然に回帰してえなと思う。

人類という種として
この地球上でこれからもやっていけるのかどうか
今問われているんだと思う。

地球が汚染されて困るのは地球ではない。
地球はちっとも困らない
困るのは私らを含むこの星に住む生物達である。
生物の絶滅はこの星でゴマンとあったのだろう。
私らは今その瀬戸際にいる。
大体において人が地球のことを救うというのはおこがましいとさえ思う。

知識の過多は滞りを生むような気がする。
結局それを使いこなす下地がなければ何の意味もないどころか
寧ろ有害なものになっていくのではないかと

しっかりと生きて逝きたいもんですね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。